2019.05.15イベント情報・お知らせ

「FOODEX JAPAN 2019」各産地代表、ご当地の特徴をアピール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FOODEX JAPAN 2019日本酒造組合中央会は3月5~8日、幕張メッセで開催された同展に出展。8万人の来場者に本格焼酎・泡盛を発信しました。

 

『本格焼酎・泡盛の多様な味を楽しもう!』のテーマのもとに、ブランド別の産地コーナーには、655銘柄が並びました。今回は約90の原酒と長期熟成酒を揃えたプレミアム焼酎コーナーも設けられ、外国人に向け、付加価値の高い銘柄の存在もアピール。好評を博していました。

日本酒造組合中央会ブース

【写真】『Let’s enjoy “SHOCHU!”』と掲げた日本酒造組合中央会ブース

よりすぐりの銘柄が並んだ会場

【写真】よりすぐりの銘柄が並んだ会場

プレミアム焼酎コーナーも人気

【写真】プレミアム焼酎コーナーも人気

産地ごとのコーナーで試飲する来場者

【写真】産地ごとのコーナーで試飲する来場者

 

ステージでは産地ごとのPRタイムが組まれ、代表者が風土に育まれた味わいを紹介。来場者は銘柄を飲み比べつつ、聞き入っていました。

琉球泡盛をアピールする泡盛女王

【写真】琉球泡盛をアピールする泡盛女王

博多焼酎の味わいを紹介する蔵元

【写真】博多焼酎の味わいを紹介する蔵元

 

また、7日にはG20農業大臣会合準備視察団のメンバー50人余りが会場視察前に当ブースに集合。國酒である焼酎で乾杯し、試飲も楽しんでいきました。

基礎セミナーやカクテルショーも行なわれ、多彩に魅力を発信。スタンプラリー参加者も多く、会場は終始盛会でした。

 

クリストファー・ペレグリニ氏による本格焼酎・泡盛の基礎セミナー

【写真】クリストファー・ペレグリニ氏による本格焼酎・泡盛の基礎セミナー

カクテルコンペティション優勝の宮田由実氏

【写真】カクテルコンペティション優勝の宮田由実氏

ガーニッシュの桜の塩漬けが引立つはんなり

【写真】1回50個限定で提供されたガーニッシュの桜の塩漬けが引立つ『はんなり』

G20農業大臣会合準備視察団のメンバー

【写真】G20農業大臣会合準備視察団のメンバー

本格焼酎・泡盛を試飲する視察団メンバー

【写真】本格焼酎・泡盛を試飲する視察団メンバー

泡盛女王と記念撮影するメンバー

【写真】泡盛女王と記念撮影するメンバー

原料別焼酎のきき当てに挑戦

【写真】原料別焼酎のきき当てに挑戦

色々な飲み方も提案

【写真】色々な飲み方も提案

来場者インタビュー

山梨県酒販店志村氏山梨県酒販店/志村氏

「出展されている銘柄が多いので、勉強になります。どれだけでも多く試飲していきたいです」

 

 

 

 

 

 

 

千葉県料飲店社長西脇氏と部下の方千葉県料飲店/社長 西脇氏(左)と部下の方

「沖縄料理の店なので泡盛は170銘柄ほどです。もっと増やしていきたいです。今日は色々味わっていきます」

 

 

 

 

 

スペイン飲食業フリッタス氏と同僚の方とスタッフスペイン 飲食業/フリッタス氏(右)と同僚の方とスタッフ

「焼酎は味わい深い。特に芋焼酎は香りも豊か。味わいがスペシャルな料理にも合うと思います」

 

 

 

 

U.S.A.貿易業ピーカー氏一行U.S.A. 貿易業/ピーカー氏(左)一行

「焼酎は原料が興味深い。とうもろこし焼酎はお酒としてはめずらしい。旨かったですよ」

 

 

 

 

 

カナダビール製造業ウオーナリーご兄弟とスタッフ

カナダ ビール製造業/ウオーナリーご兄弟とスタッフ

「ウイスキーと違う旨さですね。焼酎のほうがまろやか。焼酎のほうが好きです」

 

 

 

 

台湾飲食業王氏一行台湾 飲食業/王氏(左より2人目)一行

「原料も色々で、すごい銘柄数ですね。じっくり試飲していきます」

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加