1. 木内醸造(長野県)|米焼酎「天雪オールド 35度」

  2. 今帰仁酒造(沖縄県)| 泡盛「千年の響 43度」

  3. 恒松酒造(熊本県)| 本格芋焼酎「EXTRA TESSHO」

  4. 平孝酒造|本格粕取り焼酎「日高見(ひたかみ)」

  5. 弥彦酒造|本格さなぶり焼酎「優凪(ゆうなぎ)」

  6. 神川酒造|本格芋焼酎「瀞とろ」

  7. 八海醸造|八海山本格粕取り焼酎「宜有千萬」

  8. 白露酒造|本格芋焼酎「麻友子 Pure Black」

  9. 新平酒造|本格芋焼酎「大金の露」

  10. 薩摩酒造|本格芋焼酎「さつま白波」

  11. 出水酒造|本格芋焼酎「赤鶴」

  12. 古澤酒造|本格米焼酎「雪原 吟醸米焼酎」

  1. 飲めるお店紹介

  2. 蕎麦

  3. 居酒屋

  4. Bar

  5. 寿司・刺身

  6. 焼肉

  7. 日本料理

  8. 焼き鳥

  9. すき焼き

歴史

江戸時代より始まる
本格芋焼酎の歴史

江戸時代に、九州で広く栽培されているさつまいもを原料とした焼酎が芋焼酎。当時、使用される麹は米麹でサツマイモ100%の焼酎はなかった。国分酒造協業組合がサツマイモ100%の焼酎の販売を開始し、現在では多くのメーカーがサツマイモ100%焼酎を発売している。他にも焼き芋を原料にした「焼き芋焼酎」なども作られている。

特徴

サツマイモ特有の甘みが特徴の本格芋焼酎
品種で味が変わる!?

サツマイモを主原料とし、甘さや濃厚さを兼ね備えた焼酎です。品種によって全く違う味になるのが特徴です。

一般的には「黄金千貫」という芋を使い、まろやかな味が特徴的。また、「ジョイホワイト」という焼酎のために作られたサツマイモが有名で、「黄金千貫」とは違う味わいが楽しめます。他にも、甘い芋で有名な「安納芋」などを使った甘く、香りが強い芋焼酎もあります。

製法

多彩な技法で造る
芋焼酎

麹に水と酵母を加えて、酵母を多く培養する(一次仕込み)。その後、一次仕込みで作られたもろみに蒸した芋と水を加えて発酵させる。一次仕込みで作られたもろみがアルコールを作る。その後、アルコールを含んだ蒸気を冷却する(蒸留を単式蒸留器で行なう)。そして、蒸留が終わった原酒をまろやかさを出すため、ステンレス容器などに入れ貯蔵・熟成をする。最後に、原酒を組み合わせたり、加水をして味の調整をする。