1. 木内醸造(長野県)|米焼酎「天雪オールド 35度」

  2. 今帰仁酒造(沖縄県)| 泡盛「千年の響 43度」

  3. 恒松酒造(熊本県)| 本格芋焼酎「EXTRA TESSHO」

  4. 平孝酒造|本格粕取り焼酎「日高見(ひたかみ)」

  5. 弥彦酒造|本格さなぶり焼酎「優凪(ゆうなぎ)」

  6. 神川酒造|本格芋焼酎「瀞とろ」

  7. 八海醸造|八海山本格粕取り焼酎「宜有千萬」

  8. 白露酒造|本格芋焼酎「麻友子 Pure Black」

  9. 新平酒造|本格芋焼酎「大金の露」

  10. 薩摩酒造|本格芋焼酎「さつま白波」

  11. 出水酒造|本格芋焼酎「赤鶴」

  12. 古澤酒造|本格米焼酎「雪原 吟醸米焼酎」

  1. 飲めるお店紹介

  2. 蕎麦

  3. 居酒屋

  4. Bar

  5. 寿司・刺身

  6. 焼肉

  7. 日本料理

  8. 焼き鳥

  9. すき焼き

歴史

奄美群島でのみ製造が特認される
黒糖焼酎とは

江戸時代から、泡盛を中心に製造されていた奄美群島。戦争の影響から米不足になり、泡盛の製造が困難になった。さらにアメリカ軍により奄美群島の特産品である黒糖が移出をすることが制限されました。そこで島民はお米の代わりに、黒糖を原料としたお酒の製造を始めました。

特徴

サトウキビから作られるお酒
黒糖焼酎の味

黒糖焼酎は、焼酎特有の臭みがなく、黒糖の甘い味わいを楽しむことができ、旨味が豊かな初心者向けの本格焼酎です。黒糖が原料ですが、他の焼酎と比べて糖分を多く含まれているわけではなく、蒸留によってなくなっているので女性にも優しい焼酎です。

製法

多彩な技法で造る
黒糖焼酎

麹に水と酵母を加えて、酵母を多く培養する(一次仕込み)。その後、一次仕込みで作られたもろみに黒糖と水を加えて発酵させる。一次仕込みで作られたもろみがアルコールを作る。その後、アルコールを含んだ蒸気を冷却する(蒸留を単式蒸留器で行なう)。そして、蒸留が終わった原酒をまろやかさを出すため、ステンレス容器などに入れ貯蔵・熟成をする。最後に、原酒を組み合わせたり、加水をして味の調整をする。