2018.03.01イベント情報・お知らせ

11月1日イベントin東京タワー TOKYO FM 日本酒造組合中央会presents 本格焼酎&泡盛の日SPECIAL DAY~日本の國酒、本格焼酎・泡盛で乾杯!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当会はTOKYO FMの人気3番組の公開生放送と試飲会の同イベントを主催。各番組にはゲストが登場し、リスナー投稿も交えた焼酎トークが、本格焼酎・泡盛の日に電波に乗って全国に響いた。

 

 

『高橋みなみの「これから、何する?」』13:00~14:55

パーソナリティー:高橋みなみさん ゲスト:山田まりやさん

高橋さんは「11月1日がなぜ『本格焼酎&泡盛の日』になったのかというと、8月から9月頃に仕込まれた新種が飲めるようになるのがちょうど11月1日頃!ということで焼酎の日に制定されたということです。皆さん昼間から焼酎飲んでますね」と第一声。

 

ゲストの山田まりやさんは「美味しく楽しく本格焼酎・泡盛を堪能しよう!ということで、3つのテーマを考えてきました」とトークを展開。

「まず器です。本格焼酎・泡盛は香り高く、飲む器の口の広さで感じ方が違ってきます。ロックで飲む時は琉球グラスで飲んでます。特に芋焼酎は香りが個性があるものがあって、その独特の香りを楽しみたい。香りが1日の嫌なことを全部根こそぎフワーと包んで飛ばしてくれる。アロマテラピーと同じです。焼酎を嗜む時には香水をつけない方がいいですね、香りがもったいないです。

 

 

それから呑み方です。寒くなってきたのでお湯割りで飲む機会が増えますが、私はソーダ割りが一番飲みやすく、5:5が基本。お鍋にも合います。柑橘類を絞ることも多いです。個性のある銘柄は食後ロックで。皆さんも焼酎の色々な味わいにあった、シンデレラの靴のようにぴたっとはまる自分好みの呑み方を見つけてみて下さい。

 

最後に大切なのはおつまみ。砂糖は使わず、濃い味のものを用意します。旬の野菜を取り入れたり、この季節には鳥団子の煮込みとか、あったかいモノがいいですね。」と熱弁をふるっていました。

 

 

お二人は当会姫野需要開発部会長、山縣需要開発委員とともに“焼酎タワー”に焼酎を注ぐセレモニーにも参加。高橋さんは「グラスタワーは一歩一歩人生を歩むという意味が込められているとのことで、そこにお酒を注いでいく事は幸せで満ち溢れるようにという願いだそうで、貴重な経験をさせていただきました」と話しました。

 

 

 

 

 

『シンクロのシティ』15:00~16:50

パーソナリティー:堀内貴之さん ゲスト:倉本康子さん

蔵元トーク:豊永史郎さん 寺原 章さん

 

パーソナリティー:堀内さんから「酒とつまみと最高のまるまる」に当てはまることはありますかと聞かれると、倉本さんは「酒とつまみと最高の”出会い”」と答え、「本格焼酎・泡盛はお店と私をつないでくれるもの。お酒は出会いの元です。常連さんとの出会いや、お店との出会いなど、お酒を通して仲良くなった人がたくさん居ます。ボトルキープで、よりディープな関係が築けますよね」と語りました。

 

 

 

蔵元とのトークでは、豊永さんが「九州では焼酎を飲む事を“だれやめ”と言います。だれ=疲れを取るという意味で、今日の疲れを取ってまた明日は頑張ろう!ということですね。焼酎はポジティブな、前向きなお酒なわけです」と本格焼酎の有り様を語りました。また、鹿児島の蔵元である寺原さんは「鹿児島には113蔵があります、鹿児島は焼酎でできているわけです」と語ると、球磨の蔵元の豊永さん「球磨は9万人に対し28蔵、3千人に1蔵です。全国でも最も高密度の蔵数と言えます」。堀内さんが「お二人の郷土の焼酎への思いがひしひしと伝わってきますね」と間の手を入れる一幕もありました。

 

 

『Skyrocket Company』17:00~19:00

パーソナリティー:濱崎美保さん マンボウやしろさん

ゲスト:シンガーソングライタ ReNさん

 

乾杯をテーマに番組が進み、マンボウさんから「いま乾杯したいことは?」と問われ、「今年のツアーのチケットがsold outしたので、そのお祝いで乾杯がしたいです!」ReNさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

生ライブではPASSIONなど全3曲を熱唱。集っていたファンから絶大な拍手が沸き起こっていました。ReNさんは「ライトアップした東京タワーの真下という最高のロケーションで演奏ができて気持ち良かったです。ぜひまた歌いに来させてください。」とコメント。

 

 

 

 

 

 

最後に姫野需要開発部会長は「1日、こんなに本格焼酎・泡盛について語られ、多くの方に聞いていただいた事はないです。会場に足を運んでいただいた皆さん、ラジオに向こうの聞いてくださったリスナーの方々、これを機により本格焼酎・泡盛を楽しんでいっていただきたい」と挨拶。来場者とともに乾杯し、幕を閉じました。

 

 

来場者からは「焼酎の銘柄って多いんですね。どれも旨いですね」「美味しいおつまみまでもフリーで、焼酎何杯もいただいてしまいました」「このイベント来年も実施されるのでしょうか?楽しかったです」と好評をいただきました。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加