1. 若潮酒造(鹿児島県)|芋焼酎「さつま黒若潮」

  2. 木内醸造(長野県)|米焼酎「天雪オールド 35度」

  3. 今帰仁酒造(沖縄県)| 泡盛「千年の響 43度」

  4. 恒松酒造(熊本県)| 本格芋焼酎「EXTRA TESSHO」

  5. 平孝酒造|本格粕取り焼酎「日高見(ひたかみ)」

  6. 弥彦酒造|本格さなぶり焼酎「優凪(ゆうなぎ)」

  7. 神川酒造|本格芋焼酎「瀞とろ」

  8. 八海醸造|八海山本格粕取り焼酎「宜有千萬」

  9. 白露酒造|本格芋焼酎「麻友子 Pure Black」

  10. 新平酒造|本格芋焼酎「大金の露」

  11. 薩摩酒造|本格芋焼酎「さつま白波」

  12. 出水酒造|本格芋焼酎「赤鶴」

  1. 飲めるお店紹介

  2. 蕎麦

  3. 居酒屋

  4. Bar

  5. 寿司・刺身

  6. 焼肉

  7. 日本料理

  8. 焼き鳥

  9. すき焼き

イベント情報・お知らせ 本格焼酎・泡盛の楽しみ方

令和初「第2回 本格焼酎&泡盛カクテルコンペティション」開催 !坂本朋也(BAR倉吉)さん考案のカクテル「白月」が優勝

日本酒造組合中央会(所在地:東京都港区、会長:篠原 成行)は、日本の國酒である本格焼酎・泡盛をベースとしたカクテル日本一を決定する「第2 本格焼酎&泡盛カクテルコンペティション」を、2020年2月15日(土)にリーガロイヤルホテル東京にて開催し、参加したホテルバー関係者を含む約300名が、各選手の考案したオリジナルカクテルを楽しんだ。

本コンペテョションは、日本ホテルバーメンズ協会の全国にある 12 支部の予選を勝ち抜いた 20 名により、筆記試験と実技試験が行われた。実技試験では、「カクテルの味や見た目の美しさ、サービス」などを審査し、原料の風味や味わいが豊かな「本格焼酎」「泡盛」をベースに、選手が創意工夫して考案したオリジナルカクテル20作品がノミネートされた。

令和初の國酒カクテル日本一を決める戦いを制し優勝の栄冠に輝いたのは、坂本朋也さん(BAR倉吉)が考案した麦焼酎ベースのカクテル「白月(ハクゲツ)」。そして、第2位は、泡盛を使った片山将志さんが考案した「梵(ソヨギ)」、第3位は、芋焼酎を使った佐藤大介さん考案のNeo Artisan(ネオ アルチザン)。さらに、技術賞は麦焼酎を使った影山清史さん考案のSAKURA QUARITY(サクラクオリティ)」、JSS賞は米焼酎を使った佐々木満久さん考案の「麗(ウララ)」と続いた。優勝した坂本さんは「ベースに使っている麦焼酎がすごく麦の香ばしさが際立っている焼酎だったので、それをどう活かすがポイントでした。また、今回の優勝を機に、店舗でも本格焼酎をベースに使ったカクテルを勧めていきたいと思います」と、今後の抱負を語った。


≪「第2
本格焼酎&泡盛カクテルコンペティション」最終結果≫

■優 勝   「白月(ハクゲツ)」 坂本 朋也(BAR倉吉

■第2   「梵(ソヨギ)」 片山 将志(オーセントホテル小樽)

■第3  「Neo Artisanネオ アルチザン)」 佐藤 大介(ホテルメトロポリタン)

■技術賞  SAKURA QUARITY(サクラクオリティ)」影山 清史(リーガロイヤルホテル(大阪))

JSS   「麗(ウララ)」 佐々木 満久(ANAクラウンプラザホテル札幌)

 

坂本さん考案のカクテル「白月」は、麦の香りと深みある味が楽しめる本格麦焼酎「兼八」をベースに、上品なミルクチョコレートのフレーバーのリキュールCrème de Cacao Whiteとヘーゼルナッツ・リキュールFranjelico RIQUEUR、そしてフレッシュクリームで仕上げた、まるでデザートのような甘さが引き立つカクテル。見た目の可愛さも兼ね合わせた女性にも飲みやすいカクテルで、会場の女性客も本格麦焼酎の香りと甘い香りのカクテルに酔いしれた。

 

 

The following two tabs change content below.
日本酒造組合中央会

日本酒造組合中央会

日本酒造組合中央会

最新記事 by 日本酒造組合中央会 (全て見る)

関連記事