2018.06.25健康・美容

本格焼酎・泡盛に美肌効果がある!?美容に良いといわれる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルコールを飲むことは美容に良くない、というイメージを持つ方もいるでしょう。

飲み過ぎで生活習慣が乱れてしまうことは、美容にも健康にも良くありませんが、日頃のリフレッシュのためにも適度にお酒を楽しみたいという方は多いのではないでしょうか。

そこで、本格焼酎・泡盛に美肌効果がある!?と聞いたことはありませんか?おいしく、楽しく本格焼酎・泡盛を飲むうえで、美容に良い効果も期待できるならうれしいところ。

そこで今回は、本格焼酎・泡盛と美肌の関係についてご紹介します。

 

 

お酒と肌荒れの関係は?

お酒が肌に良くない、とされている理由はいくつかあります。

アルコールで肝臓や膵臓がダメージを受けると、体内で脱水症状が起こり、肌の潤いやハリを維持するコラーゲンが失われてしまいます。一度失われたコラーゲンは、なかなか元に戻すことができません。

さらに、お酒の飲み過ぎは食生活の乱れにつながります。その結果、腸内環境の悪化や便秘などが引き起こされる可能性があるため、美肌からは遠ざかってしまうでしょう。

 

しかしこれらの問題は、お酒の量と種類を工夫することで防ぐことができます。中でも、本格焼酎や泡盛などの蒸留酒は糖質も少なく、体内での分解が早いため、肌荒れが気になるけれど、適量を楽しみたいという方におすすめです。

 

本格焼酎・泡盛が「肌に良い」とされる理由

特に 本格焼酎・泡盛が肌に良いとされている理由は、蒸留酒でカロリーが低く、糖分が含まれていないことが挙げられます。さらに、プリン体もゼロなので他のお酒と比べて体へのダメージが少なく、太りにくいのです。

 

また、「ウロキナーゼ」という酵素を活性化させる働きが、他の酒類に比べて高いお酒です。ウロキナーゼは血栓を溶かすため、、本格焼酎・泡盛には血栓予防の効果が期待されています。血栓を予防しサラサラな血液状態を維持できれば、血の巡りも良くなり、肌をすこやかに保つ助けとなるでしょう。

 

他にも、焼酎独特のふくよかで甘い香りによるアロマのような作用もあります。肌は少しのストレスでも荒れる可能性があるため、お酒を飲むときにリラックスできることはとても重要です。このような理由から、本格焼酎・泡盛は美容と健康を気にしている方におすすめのお酒です。

 

 

飲むだけじゃない、本格焼酎・泡盛で美肌を維持する方法とは

本格焼酎・泡盛は飲むだけではなく、美容液やお風呂に活用して美肌維持に役立てられます。もし飲み切れない瓶があったら、ぜひ試してみてください。

 

本格焼酎・泡盛で作る即席美容液

いつもの化粧水に本格焼酎・泡盛を数滴プラスし、肌にパッティングしてみましょう。アルコールの殺菌成分や、焼酎に使われているもろみ成分が、肌の調子を整えてくれます。

 

おすすめは、お風呂に入る前にガラスの容器に化粧水と焼酎を入れ、冷蔵庫で冷やしておく「焼酎クールパック」です。お風呂上りにコットンに染み込ませ、顔にのせて10分ほどパックしてください。スッキリと肌が引き締まり、気持ちの良い感覚がくせになるかもしれません。

 

日焼けをした日や暑い日には、女性だけではなく男性にも試してみてほしい、美肌とクールダウンのための使い方です。

 

心も身体もリフレッシュできる焼酎風呂

お風呂にコップ1杯の本格焼酎・泡盛を入れる、焼酎風呂もおすすめです。

美肌のためには、血行をよくして体の老廃物を出すことが大切。

焼酎風呂にゆっくり浸かって、冷えた身体をあたためてみてはいかがでしょうか。

 

本格焼酎・泡盛のもろみ成分は、肌のきめを整えたりメラニンの生成を抑えたりする働きが期待できますし、ほんわり香る焼酎のアロマで心も身体もリフレッシュできるでしょう。焼酎がお好きな方にとっては、ちょっと贅沢な気分も堪能できますね。

たまの焼酎風呂で深呼吸をして日頃のストレス解消することも、美肌のためには大切です。

おわりに

飲み過ぎは禁物ですが、適度な量で楽しむのであれば美容にも良いといわれる、本格焼酎と泡盛。美容と健康が気になるけれどお酒はやめられない、という方におすすめです。

化粧水に焼酎を数滴入れて肌をパッティングしたり、焼酎風呂でデトックスしたりして、美肌維持にも役立ててみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加