2017.12.01本格焼酎・泡盛の楽しみ方

今さら聞けない?本格焼酎・泡盛の「賞味期限」や「保管方法」まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

晩酌を毎日する方も、週や月に一度の楽しみにしている方も多くいらっしゃるでしょう。そこで気になるのは、本格焼酎・泡盛の「賞味期限」や「保管方法」です。今回は、本格焼酎・泡盛に賞味期限はあるのか、本格焼酎・泡盛を保管するときのポイントなどについてご紹介します。

 

本格焼酎・泡盛に「賞味期限」はあるの?

結論からいいますと、本格焼酎・泡盛に賞味期限はありません。

焼酎・泡盛などの蒸留酒は、アルコール度数が高いお酒です。アルコール度数が高いお酒は、有害微生物などの繁殖がしにくく、品質劣化が起こりにくいといえます。そのため、焼酎・泡盛には賞味期限の表示義務がありません。

 

ちなみに、製品に記載されている日付の多くは「製造年月日」や「詰口年月日」です。製造年月日や詰口年月日は、焼酎・泡盛の瓶詰めを行い、製品として完成した日を指しています。賞味期限の表示義務がない代わりに、製品化した日をラベルに表示する蔵元も存在するのです。

 

 

本格焼酎・泡盛はいつまでもおいしくキープできる?

本格焼酎・泡盛に賞味期限はありませんが、いつまでも同じ味を楽しめるわけではありません。

 

未開封の焼酎・泡盛であっても保管状態により、味や香りが変化する可能性があります。具体的には、高温多湿や直射日光の当たる場所での保管です。このような場所での保管は、焼酎・泡盛の品質劣化の原因になりかねません。

また、冷蔵庫や冬の屋外などでの保管も控えた方が良いでしょう。なぜなら、焼酎の中のうま味成分が凝固し、オリが発生したり油が浮いてしまったりする可能性があるためです。さらに開封後の焼酎・泡盛は、香りが飛びやすいためあまり長く置いておかずに飲むことをおすすめします。

 

本格焼酎・泡盛を上手に保管するにはどうすればいいの?

本格焼酎・泡盛の品質劣化をできるだけ防ぎながら保管するには、直射日光の当たらない涼しい場所を選ぶのがポイントです。家の中であれば、押し入れや床下収納が良いでしょう。

 

また、一度開封した焼酎・泡盛は、空気に触れることでわずかながら味に変化が起こります。そのため、直射日光の当たらない涼しい場所に置いたとしても、味に多少の変化が起こることは理解しておきましょう。

 

 

 

上手に保管して泡盛の「古酒」(クース)を楽しもう!

泡盛には、寝かせば寝かすほどおいしさが増す「古酒」(クース)というものがあります。沖縄の古い家では家伝の古酒があり、家宝として大切にしているそうです。

 

古酒は一般的に、甕(かめ)で保存します。しかし、未開封の瓶のままでも、熟成した古酒を作ることが可能です。同じ蒸留酒であるウイスキーは、樽(たる)から出すと熟成が止まりますが、泡盛は油性成分が多く含まれているため、未開封の瓶であってもその成分が古酒の独特な風味に影響します。もちろん、おいしい古酒のために直射日光や高温多湿の場所を避け、押し入れや床下収納などの涼しいところに保管することも大切です。

 

古酒を味わうには長い歳月が必要ですが、思い立ったが吉日。リカーショップなどでお気に入りの泡盛を購入し、古酒作りにチャレンジしてはいかがでしょうか。

 

参考:芳醇&まろやかさがクセになる!泡盛好きなら古酒(くーす)を試してみて(本格焼酎と泡盛ガイド)

https://guide.honkakushochu-awamori.jp/awamori-kusu/

 

おわりに

蒸留酒である本格焼酎・泡盛には、賞味期限はありません。ただし、保管場所によっては、香りや味が大きく変化してしまう可能性があるため、注意が必要です。本格焼酎・泡盛の品質劣化を防ぐには、直射日光の当たる場所や高温多湿を避け、涼しいところに保管してください。適切に保管して焼酎・泡盛の味や香りをおいしく楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加